重要!自己破産後に過払い金は取り戻せるのか

自己破産後に過払い金返還請求をする

借金の返済が苦しくなった場合に、自己破産の手続きを行う場合があります。自己破産を裁判所に認めれれば、全ての債務が免除されます。もし手続き後に過払い金があることが分かれば、過払い金の返還請求をすることが出来ます。ただし自己破産の申立前に過払い金があることが分かっていた場合は、自己破産後に過払い金の返還請求を行ったとしても業者側が返還請求を認めないケースがあります。過去の判例では返還請求は認められていますが、必ずしも同様の結果になるとは限りません。

自己破産申立前に過払い金を請求する

自己破産の手続き中に過払い金があることが判明すれば、過払い金を回収して税金などの支払いや破産申立書作成費用に充てることが出来ます。もし自己破産の申立後に過払い金の回収を行って、回収額が30万円を超えた場合は債権者に対しての配当に回すことが必要となります。この場合は、回収額を破産申立書作成費用などに充てることが出来なくなってしまいますので、自己破産の申立の前に過払い金の返還請求を行うことが重要です。

クレジットカードのキャッシングの過払い金について

自己破産後に過払い金を回収することは可能ですが、クレジットカードのキャッシングの場合は事情が異なります。クレジットカードのキャッシング利用分とショッピング利用分を併せて破産対象としたケースでは、キャッシングに過払い金が有った場合にはキャッシングの過払い金をショッピングの債務に充当することが認められた判決が過去に出ています。そうなれば回収出来る過払い金が少なくなるか、もしくはゼロになってしまう可能性もあります。

債務整理をしても借金返済が困難な場合には自己破産という方法があり、弁護士を通じて裁判所に申し立てをする事になります。